引越し 荷造り コツ

引越しの荷造り大変ですよね。私も何度も引越ししていますが、食器・瓶類の梱包は、新聞紙をくしゃくしゃにしてそれに1枚ずつ食器をくるんで、あとはダンボールにいれています。今のところ、その方法で割れたりとかはありませんよ。
完璧では無いのかも知れませんが、大丈夫だと信じてやってきました。
大きいものや、これは大事な食器というものは、新聞紙くしゃくしゃを2重・3重にするとかしていました。
で、最後にダンボールにいれたあとに、割れ物(食器)!という表示(シールもありますよ)を【赤字】で大きく書きました。

 

割ったら困るものがたくさんあるなら、専門の業者に頼んだほうがいいですよ。
業者なら、まず割れるようなことはしないし、もし割れたら弁償してもらえます。

 

日頃絶対に使わないと思うものから荷造り

 

キッチン回りの荷造りは日頃使っている食器以外すべて荷造りして下さい。
鍋、フライパンは引越当日で大丈夫です。冷蔵庫の中も引越当日で大丈夫!

 

収納場所ごとに箱を準備しよう
「チェスト上段」、「キッチンシンク下」など、収納先ごとに
段ボールを準備してマジックなどで記入。

 

本など使わないモノから始める
子供のおもちゃや台所は後回し
ゴミの整理は最優先、効率よくゴミの日を使いましょう