引越しらくらくパック 日通

「引越しは?日通〜♪」のらくらくパックは【えころじこんぽ】

えころじこんぽ「フル」・「ハーフ」で小物の箱詰めや箱明けを引越しのプロがお任せでやってくれます。

 

時間がないサラリーマンや、小さいお子様がいる家庭におすすめのサービスです。

 

荷造りの仕方が分からないといった方にも人気のサービスになっています。

 

引越し経験者が語る引越しで一番たいへんだったポイント

一番大変なのは実は、引越し当日ではないんです。
引越し経験者にアンケートした結果、引越しで一番大変だったのは、

引越しの準備に2週間ちかくかかって、大変でさらに時間も取られた・・・疲れた・・・

引越しの後、荷解きや段ボールの後片付け、ごみの処理で1週間かかった・・・さらに疲れた

 

その中でも特に一番大変なのが、小物や小さい荷物の荷造り・荷解きです。
小さいためたくさんあるし、作業が煩雑で手間がかかります。

 

日通のらくらくパック・お任せパックではこの部分を日通の引越しのプロがやってくれるため、
引越しの作業が効率化します。

 

さらに、日通に任せる部分も選ぶことができます。
例えば、食器だけお願いするとか、衣類だけお願いすることもできますし、
荷詰めは自分でするけれど、荷解きや箱明け作業だけをお願いすることも可能です。

 

食器棚の食器の梱包

食器棚の食器を普通の人が梱包すると、箱に詰めるだけで2時間近くかかってしまいます。
これを日通にお願いすると、引越し専用の所っこトランクを使って、素早く30分で終わります。
引越し先でも素早く食器棚に戻せるので、すぐに生活が可能です。

 

タンスの衣類の荷詰め・荷解き・引越し作業

ひとつのタンスから衣服を出して箱詰めすると、通常の人は30分から1時間ほどかかってしまいます。
日通にお願いすれば、パック毛布と言ってそのまま素早く運べる道具があるので、5分で終了します。
タンスの中身を出さずにそのまま包んで運ぶので、衣類は元の状態のままタンスに戻せます。

 

下駄箱の靴はシューズボックスで

下駄箱の靴でケースに入っていない靴の箱詰めは大変です。
汚れもあるし、型崩れの心配もあります。
これらもお任せにして、良い状態で運んでもらえます。

 

クローゼットの衣類はハンガーボックスで

引越し屋さんの専用のハンガーボックスを使えば、
ハンガーにつるしたまま衣類を運べるので、
シワもつきませんし、すぐに使える状態にできます。

日通だけの見積りは料金が高い!?

はじめの見積り(概算)の問い合わせ方で、同じサービスでも引越し料金が大きく変わる恐れがあります。

 

@各社専用の見積りの問い合わせ窓口(各社ホームページ)から見積りをお願いする方法と、
A無料の一括見積比較サイトから見積りをお願いする方法の2種類があります。

 

いきなり@のみで見積りをするよりも
Aの見積り比較サイト経由で見積もった方が、
同じサービス内容でも安い料金見積りになる可能性があります。

 

なぜなら他の引越しセンターのほうが安い料金を提示していると、そちらにお願いされてしまうからです。

 

そのため一番初めの見積り(概算)はまずは比較サイトから見積もってみることをお勧めします。
(後で数社の料金見積りを見せるだけで、同じくらい料金を安くする交渉もできます)

 

もしその中に良いのがない場合に各社ホームページから見積り依頼をしてみましょう。

 

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ