引越しらくらくパックでスムーズに梱包・搬入・荷ときをしてもらえるコツ

値段を安くするには最低3つの見積りが必要!?

近距離こそ引越し価格の交渉を!

ネット一括見積り(無料)をすると、日本通運・クロネコ・サカイなどの大手から地域密着中小型まで全国対応200社以上の引越し業者の中から同条件ベストな数社見積りが届きます。 らくらくおまかせプランもこの実際の見積り価格を見せるのが、交渉がラクチンで早く、安くしてもらえます! 住所等入力の所要時間は約 1 分。引越し先住所が完全に決まっていなくてもOK、カンタン入力です。便利な追加サービス割引キャンペーン情報も満載です。

近距離引っ越し料金が安い!ココからの見積りで最大50%オフ!?

 


見積りのときに、
「荷物配置の聞き取りは1回で済ます」
「聞くときは作業員の方が聞きにいく」と要望書に明記してもらう

 

事前に家具の配置図とそれぞれの荷物の収納先がわかるように紙を張っておく。

 

事前の1週間ぐらい、徹底的にごみ捨てをし、同じ種類のものは1か所に集めました。
(無意味にあちこちに仕舞ってある食器、調味料、文具、大工道具など)
衣服や化粧品など、数日中に使うものは、前日にトランクに荷造り。
当日、梱包時にこれとこれは一緒に入れてくださいとか指示しつつ、
食器や洗剤など1週間内に使うものはわかるように箱を分け、明記してもらいました。

 

不用品はすべて処分してくれました。

 

荷解きまで業者任せだと、ある程度の収納指定はできますが細かなところで何処に何があるのかわからなくなります。
例えば、「1階和室の押入れ」と収納指定しても押入れの中には多数の荷物が入れられます。「押入れの中の何処?」ということで必要なときに探し出す時間がかかります。

 

部屋の図面にキッチン、洋室1など書いて、
この家具、段ボールはここに、とリーダーに指示しましたが、
作業員が6人ぐらいいるので正直理解の悪い人も。
(この箱を一番上に置いてください、すら分かってもらえず。
下に積まれたら全部片付けるまで開けられないじゃないですか)
あとはやはり部屋や家具の傷、運び忘れが心配で、ある程度見ている必要がありました。

 

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ